Home > 右脳教育とは

右脳教育とは

右脳教育

右脳教育とは

人間の脳は左脳、右脳とに分かれています。
通常、人は左脳97%、右脳3%くらいの比率で頭を使っています。
右脳を使い右脳記憶できる人の割合は、1%と言われ、
100人中99人までが、左脳学習し、
1人だけが、右脳学習している事になります。
ほとんどの人は左脳を中心に物事を考え、行動していると言う事です。

では、左脳と右脳とでは、働きがどのように違うのでしょうか。

左脳 右脳
言語・意識脳 イメージ・無意識脳
ゆっくり・少しずつ処理 速く・大量に処理
表現力 創造性
論理性 ひらめき
ストレス リラックス

この右脳が、どんな働きをする脳なのかは、長い間謎のままでした。
右脳について広く理解されるようになったのは、
1981年にカリフォルニア工科大学のロジャー・スペリー教授が
脳の研究でノーベル賞を受賞してからの事です。

全ての人に平等に与えられた右脳。
なぜ多くの人が使わないままにしているのでしょうか。
それは、皆が幼児期に適切な刺激を受けないまま大人になるからです。

0歳から6歳までの幼児期には、右脳が優位に働いています。
この時期、右脳に対して適切な刺激を受けると、
右脳が開き、右脳が活性化して容易にその力を発揮するようになります。
これが右脳教育です。

Home > 右脳教育とは

Search
Feeds

Return to page top