Home > 人間の脳

人間の脳

人間の脳

人間の脳

右脳の能力を開くのは胎児期に近いほど容易で、
大人になる程難しくなります。
右脳の力を開くのは子供の頃が一番です。

0歳~6歳の子ども達の脳は、右脳が優位に働いています。
普通、人々は生まれたての赤ちゃんにはほとんど何の能力もなく、
頭脳の働きはゼロであるから、一つ一つ教えていって、
知識を積み上げさせていくのが教育であるというように考えていますが、
全く逆に考えなくてはいけないのです。
赤ちゃんは、人間の生涯の内で、
最も高い素質・潜在的能力に恵まれているのです。
ところが、この天才的素質は、発現の機会を与えなければ、
急速に減じてしまいます。

これを「才能逓減の法則」といいます。

才能低減の法則

赤ちゃんは0歳に近いほど素質が高く、
教育を早く始めるほど、高い素質を定着させる事ができるのです。

Home > 人間の脳

Search
Feeds

Return to page top