Home > 教育方針

教育方針

教育方針

教育方針

つい最近まで、子供の頭は幼稚で、難しいことを教えるのは
無理だと考えられていました。
ところが、最近の大脳生理学の発達によって、
それが間違いである事が証明されています。

人間の脳は他の器官と異なり、3歳で成人の80%
6歳までに90%が出来上がってしまうのです。

しかし、この間によくない刺激を与えたり、
刺激の少ない環境の下では、同じ度合で脳が完成に向かっても、
伝達網の密度は低くなります。
また、遅くから刺激を与えても急上昇での発達は望めません。
神経細胞同士の伝達は細胞から伸びる軸索を通して行われますが、
その接地点であるシナプスは、優れた刺激によって成長が促されます。

胎児の成長の速度はまさに驚異的であり、
受精から誕生までの約10ヶ月の間に、
成人と同じ140億もの神経細胞(ニューロン)が
作られます。
この後は、以後、減る事も増える事もありません。

幼児教育は、知識を学ばせる事が主目標ではありません。
それを受け入れる事が出来る回線網を作り上げる事が大切なのです。

教室では、この吸収力が最も優れた幼児期に、
たくさんの良い刺激を与え、親子一緒に楽しい時間を過ごし、
その中で子供達が楽しんだり誉められたりした時に、
シナプスによる結合が増えていくのです。

Home > 教育方針

Search
Feeds

Return to page top